うつ病はすぐに治療しよう【早めに治療して根治を目指す】

男性医師

薬物療法を行います

メンズ

うつ病治療には3種類に薬物を使用します。治療目的の抗うつ薬は、不足しがちな感情を司る神経伝達物質の量を整えていきます。また、抗不安薬により精神的不安やイライラ感を解消し、睡眠薬を併用して心身共に休まるよう考慮して使用していきます。

Read More...

時間をかけて治すこと

塞ぎ込む男性

うつ病は気分の低下や頭痛などの体の不調が出てくる病気です。不快な症状を感じたら、心療内科などで診察を受けるのが大切です。投薬による治療が基本ですが、症状が良くなっても自己判断で断薬せずに、医師の判断に従うのが良いです。

Read More...

慌てずにゆっくり治す

カウンセリング

辛い症状

うつ病は誰にでも発症しうる、心の病です。原因は人によって様々であり、発症するタイミングも人それぞれ異なります。例えば、仕事や人間関係のストレスでうつ病を発症することがあります。最近は悪質な環境の下での就労状況により、心身共に健康が悪化する人が増えています。そのため、職場を長期休む人が出てきたり、精神科に長期通う人が多くなっています。また、家庭内不和などの影響で、うつ病になるケースもあります。発症する人の多くは大人ですが、家庭内不和による場合、子供も精神的に不安定になることも多く、精神病を発症することもあります。もしうつ病を発症してしまった場合は、適切に治療を行うことが大事です。うつ病は、気分が落ち込んだり、訳もなく突然涙が止まらなかったり、何もやる気が起きなくなるなど、様々な特徴があります。今まで楽しいと思っていたことが、突然不快になるということも、一つの症状ですので、まずは精神科か心療内科の病院に通うことが大事です。病院によって治療方法は異なります。まず、脳のMRIを撮ったり、チェック表でうつ病の程度を判断したりします。また、医師と具体的に対話を行い、必要な投薬治療を行っていきます。

自分で出来ること

うつ病の治療は、投薬治療が基本になってきますが、他に自分でも出来ることがあります。例えば、心理カウンセラーの利用です。精神科の病院では、医師は必要な内容だけ患者と対話するにとどまります。しかし、心理カウンセラーを利用した場合、1人1人に十分な時間が与えられていることがほとんどです。そのため、話して心が楽になることも多く、今まで持っていたマイナスの考え方などを見直すきっかけにもなります。最近では、職場にカウンセラーを置く所も増えており、気軽に相談に行ける機会も増えてきました。カウンセラーは秘密は保持してくれるので、積極的に利用すると良いです。また他には、太陽の光をたくさん浴びると良いです。太陽にはセロトニンを増やす効果があり、気分が良くなるきっかけになります。そのため、投薬である程度体を動かせるようになったら、朝日を多く浴びたり、軽いウォーキングなどを行うと良いです。血行を良くすることは、うつ病の治療に良い効果を与えると言われています。うつ病はすぐに治せる病気ではないので、ゆっくりと治すことが大事です。病気になってしまったことを悲観せず、周りの力を借りながら、少しずつ治療すれば、快方に向かうことができます。

薬と上手に付き合おう

先生と患者

うつ病治療には抗うつ薬を投与することで回復していきます。飲み始めは少量で、1,2週間ほどで効果が現れていきます。投与期間は2カ月ほど掛かりますが、突然服用を中止すると耳鳴りや顔面のしびれなどが発症します。家族の協力を得ながら気長に治療を行いましょう。

Read More...

周囲の協力が必須

頭を押さえる男性

周囲の人達のサポートが、うつ病治療にはかなり重要になります。まずはうつ病がどんな病気なのかを理解して、叱咤激励はせずに徐々に自分のペースで回復していけば良いことを伝えて必要な時はそばにいることが大切です。

Read More...